はたママ研究所は、働きたいママ・働くママに役立つ情報を提供しています。

代表えまぶ編

201307emabu.jpg
「今、何やっているの?」
皆さんが私に投げかける最初の言葉です。

今は人材会社で公共からのアウトソーシング事業の運営に携わっています。契約職種は、「キャリアカウンセラー」

実際はキャリアカウンセラーと言うよりも、求職者と求人を結び付けるコーディネーターと呼べれる業務です。もちろん、求職者の課題を指摘したり、方向性を一緒に考えたりします。面接対策もするし、履歴書のチェックもします。

この仕事は、「私のやりたかった仕事かも?」と思います。
しかし、はじめから「やりたかった仕事」に就けたわけではなく、「求められる仕事をまずはしてみる」から始めて行った結果です。

emabu_convert_20110510210206.jpg笑っちゃいますよね!
1月に新しい仕事頑張ってます~なんて     報告しておいて。

5月に無職なんて・・・(><)b
本来は、今もプロジェクトが継続していたはずなのですが、あの、3月11日の東日本大震災の影響で、プロジェクトが中断。プロジェクトチームが解散となりました。

 
プロジェクト単位の契約だったため、3カ月の補償金をいただき、契約の打ち切りとなりました。仕事の内容自体は、本当に興味深いもので、私に取っての天職かと思えるほど、楽しいものでした。

一緒に働いてくださっているメンバーからも評価いただき、非常に働きやすい環境であったので、これを失うことは、残念でたまりません。

  TG-emabu.jpg  リーマンショックっていつだか覚えていますか?
 2008年9月15日です。
 アメリカの大手証券会社の経営破たん。
 世界に激震が走ったのを覚えております。

  このお話は・・・
 リーマンショックが起きることも知らずに、
 その直前に会社を辞める決意を会社に伝えた私のお話しです。
 2008年12月~2011年1月の私の約2年間が綴られています。
 退職→無職→1からの再就職→ステップアップ
 ご興味があれば、お付き合いください。

emabu_2009.jpgお久ぶりです。Emabuです。
皆さん、覚えていらっしゃいますでしょうか?

覚えてくださっていたら、感激です。
1年半もさぼってメルマガ発行しませんでした。
 本当に申し訳ありません。

今回は、最近の活動状況とこれからの抱負について、自分に喝を入れるつもりで皆さんに報告しようと思います。


今、無職です。<<< 喝!喝!喝!
ハローワークに2度ほど行きました。(><)b
失業給付の給付制限期間(3か月)です。
なるべく早めに次の就職先は見つけたいと思っています。
ここ1カ月ほどは、自分を見つめ直していました。

 

ご無沙汰しております。
なんと、前号を配信したのが、11月・・・
今は、翌年の4月。4ヶ月もご無沙汰しておりました。
本当にすみませんでした。m(__)m

はたママ研修生のMLに参加されている方はご存知なのですが、現在、何度目かの転職で、介護業界でお仕事をさせていただいております。

現在の会社は、10数店舗の薬局をチェーン店展開しているイムノエイトという会社です。
▼イムノエイト株式会社
 http://www.immuno8.com

社長は、2002年に第6回「世界優秀女性起業家賞」を受賞し、福祉に対する日本と諸外国の相違、医療・介護・タウンヘルスケアステーション構想などを通し、女性起業家として活躍されている方です。とてもパワフルな女性です。
著書に「わたしという生きかた」などがあります。

http://www.bk1.co.jp/product/2566438

 

皆さん、お元気ですか?
8月末に横浜に戻ってきました。

新潟では、いろいろなことを学んできました。

その中でも、私の住んでいた地域では、サービスにお金を払わないことがたくさんありました。都心に住んでいると、何でもお金お金。

どちらが住みやすいか、また、それがどのように私たちの仕事や生活に関係するか、考えてみました。

emabu20060803_3.gif皆さん、お元気ですか?
なんと、昨年12月にメルマガ「はたママ」を発行して、気がつけば、6ヶ月が経ってしまいました。本当にごめんなさい。はたママは、本当は隔週なんです。本当にごめんなさい。

 

ここ半年間は、自分のことでいっぱいいっぱいでした。
心と頭が思うように動かない。
何がいけないんだろう、どうしたんだろうと思う毎日でした。
私にもこんなこと起こるんだなあと、解決の糸口が見えないなあと。
思い悩む毎日でした。

 

でも、そのわけに気がついたのです。
自分のことばかり考えて、「はたママ」を半年間もご無沙汰していたからなんです。そう思ったら、「はたママ」での懸案事項をたくさん思い出しました。そして、1つずつ確実に実現させていこう。
そう、思えるようになったのです。


皆さん、心を入れ替えた私を楽しみにしてください。

emabu_phot_2.gifみなさん、お久しぶりです。Emabuです。

今の会社に転職してもうすぐ 1年になります。転職すると、毎回すぐに状況報告を行ってきましたが、今回は、状況報告するまで、約 1年かかりました。1年経って、やっと自分の仕事が見えてきました。

現在の仕事の前は、大手銀行の統合に関わるシステム開発でした。派遣社員の契約社員として、お給料も仕事も男女の差がなく、思えば、平等の社会でした。(正直、平等にされると案外キツイものはあります)
 

このときは、収入面では恵まれていました。契約社員だったので、必要とされていることを提示すれば、半年経過後、契約料金は、月額5万円UP できたのです。これって、正社員ではありえないことですよね?

しかし、なぜ転職に踏み切ったかというと......。

 

はたママ編集長のEmabuです。本職はコンピュータSEをしています。

大学卒業後、大手電気会社に就職し、2人目を出産後退職。
3年間、在宅にて通信教育の添削を経験。その後、大手電気会社の系列会社の契約社員(パートタイマー)のプログラマーとして9年間を過ごしました。


離婚後、小さな派遣会社の正社員とし1年間過ごし、給料と仕事内容に不満を持ち退職。現在はそれよりは少し大きい会社の契約社員として大手銀行のシステム開発をしています。

 

子供がいると、避けては通れないPTAの委員。
昔は専業主婦が優先、なんて頃もありましたが、今は下に小さい子供がいようと超ハードな仕事していようとお構いなしにやってきます。仕事をしていないのも推薦の理由にならないように、働いていますは断りの理由にはならないのです。

ここで、PTAにまだまだ関わった事のない方のために、私の育った学校でのPTAの組織についてお話しします。ほんの1例ですが、名前の違いこそあれ、運営基準は似たようなものだと思います。